ポケットWiFiって何?

ポケットWiFiの基礎の基礎

>

購入時の知識

MNOとMVNOについて

契約先には、MNO(移動体通信事業者)一般的にはキャリアと呼ばれる事業者と、MVNO(仮想移動体通信事業者)
と呼ばれる事業者があります。
MNOは自社で通信回線網を持っていて、自社ブランドで通信サービスを提供している会社のことです。
モバイルWiFiルーターを提供している通信事業者の場合、UQ WiMAX、Y!mobile、docomo、au、SoftBankのことです。
MVNOは自社で通信回線網を持っておりません。通信回線網をMNOから借りて通信サービスを提供しています。一般的には、格安SIM事業者(OCNモバイルONE、IIJmioなど)のことです。
MVNOのインターネット接続可能エリアは、通信回線網を借りているキャリアによります。
それからキャリアもMVNOも、固定回線の様に制限なしで使い放題のようなプランはありません。
何かしら制限が有ります。

SIMフリーモバイルルーター

キャリアや一部MVNOでモバイルWiFiルーターを購入する時、本体とSIMがセットで、契約期間にも2年や3年など縛りがあります。
SIMとは、どこの回線事業者(docomo、au、SoftBankなど)を使っているかなどの契約情報や、加入者を特定する固有番号などが記録されている、加入者識別モジュールカードと呼ばれるものです。これが無いと携帯電話の通信回線網に接続できません。
キャリアのモバイルWiFiルーター機器本体は、契約したキャリアから発行されたSIMしか利用できないようになっています。これをSIMロックと呼びます。
SIMフリーモバイルルーターは、このSIMがロックされておりません。一般的には機器本体だけで販売されているので、SIMを別に自分で選んで契約して使います。
SIMフリーモバイルルーターを購入すれば、様々な通信事業者(MVNOも含む)のプランが使えます。


この記事をシェアする
TOPへもどる