ポケットWiFiって何?

ポケットWiFiの基礎の基礎

>

危険性とセキュリティ

WiFiの危険性

モバイルWiFiルーターに限らず、公衆WiFi(WiFiスポット)や自宅の無線LANなどWiFi環境の危険性について説明します。
悪意のある第三者に電波を傍受されてしまうと通信内容、IDやパスワード、クレジットカード番号といった大切な情報を盗み見られてしまう。
タダでWiFiを使われてしまう。
接続している機器が乗っ取られてしまう。持ち主になりすまして犯罪予告の書込みやウイルスの配布など、犯罪行為や不正行為に巻き込まれてしまう可能性があります。

モバイルWiFiルーターや無線LANには、通信内容を暗号化する機能や、特定の機器としか接続できない様にする機能などがあります。

しっかり設定して、こうしたトラブルに遭わないようにしましょう。

セキュリティ対策

WiFiを安全に使用するためのセキュリティ対策を紹介します。
SSIDとパスワードを変更する。買った時に設定されているSSIDとパスワードは使わない。定期的に変更すればより安全です。
暗号化方式はWPA2を使う。WEPは安全性が低いのでは使わない。
使わないときは電源を切っておく。
大事な情報をやり取りするときは、SSL/TLSで暗号化されているウェブサイト以外は使わない。
確認方法は、URLがhttpsで始まっていて、パソコンやスマートフォンのブラウザに鍵マークが表示されているウェブサイトは対応しています。(インタネットエクスプローラーやエッジの場合、アドレスバーに表示されます。)
MACアドレスフィルタリングと呼ばれる、登録したMACアドレス(各通信機器に固有の識別番号)を持つ機器からのアクセスのみを接続する機能を使う。
VPNソフトを導入する。


この記事をシェアする
TOPへもどる